共催セミナー

ランチョンセミナー=LS、イブニングセミナー=ES

ハンズオンイブニングセミナー=HES

アニュアルコースレクチャーランチョンセミナー=ACL-LS

  • English Session English Session
  • English Speaker English Speaker

4月26日(木)

4月27日(金)

4月28日(土)

4月29日(日)

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー 1

第1会場 ホール棟 4階 「ホールC」 4月26日(木)12:20~13:20

New era of Spondyloarthritis treatment

座長:
竹内 勤 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科
LS1-1    Pathophysiology of Spondyloarthritis:the role of IL-17A in inflammation, enthesitis, and new bone formation
演者:
Dirk Elewaut VIB Inflammation Research Center, Ghent University and Depertment of Rheumatology, Ghent University Hospital, Ghent, Belgium
※来日キャンセル

LS1-2 脊椎関節炎の最新診療

演者:
亀田 秀人 東邦大学医学部
共催:
ノバルティス ファーマ株式会社

ランチョンセミナー 2

第2会場 ホール棟 7階 「ホールB7(1)」 4月26日(木)12:20~13:20

座長:
川合 眞一 東邦大学医学部 炎症・疼痛制御学講座

LS2 関節リウマチ治療における新展開

演者:
田中 栄 東京大学大学院医学系研究科 整形外科学
共催:
第一三共株式会社

ランチョンセミナー 3

第3会場 ホール棟 7階 「ホールB7(2)」 4月26日(木)12:20~13:20

座長:
松原 司 松原メイフラワー病院

LS3 エタネルセプトBS開発の道のりと今後の期待

演者:
松野 博明 医療法人松緑会松野リウマチ整形外科
共催:
あゆみ製薬株式会社

ランチョンセミナー 4

第4会場 ホール棟 5階 「ホールB5(1)」 4月26日(木)12:20~13:20

患者満足度を高めるRA治療の実践~関節エコーとDMARDsを使いこなすコツ~

座長:
桃原 茂樹 医療法人社団博恵会/慶應義塾大学

LS4-1 多施設共同研究(TBCR-plus)から見えたイグラチモドの可能性

演者:
高橋 伸典 名古屋大学医学部附属病院 整形外科

LS4-2 関節エコーを使いこなすコツ

演者:
小笠原 倫大 順天堂大学医学部附属順天堂医院
共催:
エーザイ株式会社

ランチョンセミナー 5

第5会場 ホール棟 5階 「ホールB5(2)」 4月26日(木)12:20~13:20

Sustained Remissionの達成に何が必要か

座長:
西田 圭一郎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科

LS5-1 RA寛解維持における手術療法の役割

演者:
蛯名 耕介 大阪大学大学院医学系研究科 器官制御外科学(整形外科学)

LS5-2 寛解導入・維持における現状と対策

演者:
土橋 浩章 香川大学医学部 内科学講座 血液・免疫・呼吸器内科学
共催:
ヤンセンファーマ株式会社/田辺三菱製薬株式会社

ランチョンセミナー 6

第6会場 ホール棟 7階 「ホールD7」 4月26日(木)12:20~13:20

ループス腎炎治療の最新情報

座長:
藤尾 圭志 東京大学医学部附属病院 アレルギー・リウマチ内科

LS6-1 ループス腎炎の治療のUpdate

演者:
勝又 康弘 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター 膠原病リウマチ内科
LS6-2    全身性エリテマトーデスにおけるミコフェノール酸モフェチルとヒドロキシクロロキンを用いたステロイド減量戦略
演者:
河野 肇 帝京大学医学部 内科学講座
共催:
中外製薬株式会社

ランチョンセミナー 7

第7会場 ホール棟 5階 「ホールD5」 4月26日(木)12:20~13:20

座長:
山中 寿 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター

LS7 リウマチ治療における患者報告アウトカムの重要性とバリシチニブの臨床的意義

演者:
石黒 直樹 名古屋大学大学院医学系研究科総合医学専攻 運動・形態外科学講座 整形外科学
共催:
日本イーライリリー株式会社

ランチョンセミナー 8

第8会場 ホール棟 1階 「ホールD1」 4月26日(木)12:20~13:20

座長:
小林 直実 横浜市立大学医学部 整形外科
LS8    臨床研究の結果から見た人工膝関節置換術の話題の変遷
:エビデンスに肯定されたもの・されなかったもの
演者:
塚田 幸行 北水会記念病院 整形外科
共催:
日本ストライカー株式会社

ランチョンセミナー 9

第9会場 ガラス棟 7階 「会議室G701」 4月26日(木)12:20~13:20

座長:
上阪 等 東京医科歯科大学大学院 膠原病・リウマチ内科

LS9 多発性筋炎・皮膚筋炎に合併する間質性肺炎の治療ストラテジー

演者:
中嶋 蘭 京都大学大学院医学研究科 臨床免疫学
共催:
アステラス製薬株式会社

ランチョンセミナー 10

第10会場 ガラス棟 5階 「会議室G502」 4月26日(木)12:20~13:20

遺伝子及び遺伝子修飾からみた早期治療介入の意義

座長:
渥美 達也 北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室

LS10-1 免疫学を考慮した関節リウマチの早期寛解導入

演者:
押領司 健介 松山赤十字病院 リウマチ膠原病センター

LS10-2 滑膜から考える関節リウマチの疾患制御

演者:
中野 和久 産業医科大学病院 第1内科学講座
共催:
ユーシービージャパン株式会社/アステラス製薬株式会社

ランチョンセミナー 11

第11会場 ガラス棟 5階 「会議室G510」 4月26日(木)12:20~13:20

座長:
川人 豊 京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫内科学 膠原病・リウマチ・アレルギー科

LS11 医療経済的視点からみた関節リウマチにおけるバイオシミラーの位置づけ

演者:
田中 栄一 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
共催:
セルトリオン・ヘルスケア・ジャパン株式会社

ランチョンセミナー 12

第12会場 ガラス棟 4階 「会議室G402」 4月26日(木)12:20~13:20

座長:
鷲見 正敏 独立行政法人労働者健康安全機構神戸労災病院 整形外科

LS12 AORAにおけるリウマチトータルマネージメント

演者:
島田 洋一 秋田大学大学院医学系研究科医学専攻機能展開医学系 整形外科学講座
共催:
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

ランチョンセミナー 13

第13会場 ガラス棟 4階 「会議室G409」 4月26日(木)12:20~13:20

リウマチと骨粗鬆症

座長:
佐野 統 兵庫医科大学 内科学講座リウマチ・膠原病科

LS13-1 骨粗鬆症診療UPDATE~リウマチ科医の視点から~

演者:
岸本 暢将 学校法人聖路加国際大学 聖路加国際病院
Immuno-Rheumatology Center

LS13-2 リウマチと骨粗鬆症

演者:
橋本 淳 独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター 免疫疾患センター
共催:
旭化成ファーマ株式会社

ランチョンセミナー 14

第1会場 ホール棟 4階 「ホールC」 4月27日(金)11:40~12:40

サリルマブの臨床的意義

座長:
齋藤 知行 横浜市立大学大学院医学研究科 運動器病態学

LS14-1 サリルマブ国内外臨床試験データ:総論

演者:
田中 良哉 産業医科大学医学部 第1内科学講座

LS14-2 サリルマブの安全性と200mg投与の意義

演者:
亀田 秀人 東邦大学医学部
共催:
旭化成ファーマ株式会社/サノフィ株式会社

ランチョンセミナー 15

第2会場 ホール棟 7階 「ホールB7(1)」 4月27日(金)11:40~12:40

血管炎診療up to date

座長:
渥美 達也 北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室

LS15-1 ANCA関連血管炎診療の現状

演者:
土橋 浩章 香川大学医学部 血液・免疫・呼吸器内科

LS15-2 大血管炎に対するトシリズマブの可能性

演者:
天野 宏一 埼玉医科大学総合医療センター リウマチ・膠原病内科
共催:
中外製薬株式会社

ランチョンセミナー 16

第3会場 ホール棟 7階 「ホールB7(2)」 4月27日(金)11:40~12:40

座長:
三森 経世 京都大学大学院医学研究科 臨床免疫学

LS16 トファシチニブによりRA診療の何が変わるか?

演者:
山中 寿 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
共催:
ファイザー株式会社

ランチョンセミナー 17

第4会場 ホール棟 5階 「ホールB5(1)」 4月27日(金)11:40~12:40

その患者にとって最適なTNF阻害薬とは

座長:
川上 純 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻 先進予防医学講座

LS17-1 Imaging evaluation of effectiveness of anti-TNFs on rheumatoid arthritis

Speaker:
Mikkel Østergaard Copenhagen Center for Arthritis Research, Center for Rheumatology and Spine Diseases, Denmark

LS17-2 RCTと実臨床の違いから見えるTNF阻害薬の疑問

演者:
高橋 伸典 名古屋大学医学部附属病院 整形外科
共催:
ユーシービージャパン株式会社/アステラス製薬株式会社

ランチョンセミナー 18

第5会場 ホール棟 5階 「ホールB5(2)」 4月27日(金)11:40~12:40

座長:
杉山 英二 広島大学病院 リウマチ・膠原病科

LS18 全身性リウマチ性疾患診療における日和見感染症のマネジメント

演者:
針谷 正祥 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
共催:
オックスフォード・イムノテック株式会社

ランチョンセミナー 19

第6会場 ホール棟 7階 「ホールD7」 4月27日(金)11:40~12:40

TNF阻害薬の実力-RAの病態を考慮した関節破壊抑制と新たな治療オプション-

座長:
三村 俊英 埼玉医科大学病院 リウマチ膠原病科
LS19-1    Optimising treatment of RA-pathogenesis directed therapies to assist physicians and patients?
演者:
Iain B. McInnes Institute of Infection, Immunity and Inflammation, University of Glasgow, UK

LS19-2 Toward "real" remission and beyond remission-真の寛解達成とその先を見据えて-

演者:
蛯名 耕介 大阪大学大学院 医学系研究科 器官制御外科学(整形外科学)
共催:
アッヴィ合同会社/エーザイ株式会社

Luncheon Seminar 20

April 27 (Fri) 11:40-12:40 Room 7 (Hall D5, 5F, Hall Building)

Chair:
Hiroshi Takayanagi Department of Immunology, Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine, The University of Tokyo

LS20 Structural bone damage in RA

Speaker:
Georg Schett Friedrich-Alexander-University Erlangen-Nuremberg Erlangen University, Germany

Sponsored by: Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation

ランチョンセミナー 21

第8会場 ホール棟 1階 「ホールD1」 4月27日(金)11:40~12:40

座長:
桑名 正隆 日本医科大学大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科学分野

LS21 強皮症関連肺高血圧症におけるセレキシパグの位置付け

演者:
川口 鎮司 東京女子医科大学 リウマチ科
共催:
日本新薬株式会社

ランチョンセミナー 22

第9会場 ガラス棟 7階 「会議室G701」 4月27日(金)11:40~12:40

座長:
廣村 桂樹 群馬大学医学部附属病院 腎臓・リウマチ内科

LS22 マルチターゲット療法におけるタクロリムスの役割

演者:
岡田 正人 聖路加国際病院
Immuno-Rheumatology Center
共催:
アステラス製薬株式会社

ランチョンセミナー 23

第10会場 ガラス棟 5階 「会議室G502」 4月27日(金)11:40~12:40

座長:
津村 弘 大分大学 整形外科学講座

LS23 全身慢性炎症の視点から考える運動器疼痛の薬物療法

演者:
住谷 昌彦 東京大学医学部附属病院 緩和ケア診療部
共催:
アステラス製薬株式会社/ファイザー株式会社

ランチョンセミナー 24

第11会場 ガラス棟 5階 「会議室G510」 4月27日(金)11:40~12:40

座長:
石黒 直樹 名古屋大学医学部 整形外科

LS24 多様化する関節リウマチ治療におけるイグラチモドの使いどころ

演者:
藤井 隆夫 和歌山県立医科大学附属病院 リウマチ・膠原病科
共催:
エーザイ株式会社

ランチョンセミナー 25

第12会場 ガラス棟 4階 「会議室G402」 4月27日(金)11:40~12:40

座長:
石井 智徳 東北大学病院 血液・リウマチ・膠原病内科
LS25    Eosinophilic granulomatosis with polyangiitisの早期診断,長期予後を見据えた
管理について
演者:
釣木澤 尚実 国立病院機構埼玉病院 呼吸器内科
共催:
帝人ファーマ株式会社/一般財団法人化学及血清療法研究所

ランチョンセミナー 26

第13会場 ガラス棟 4階 「会議室G409」 4月27日(金)11:40~12:40

シェーグレン症候群の診断と治療

座長:
住田 孝之 筑波大学医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー

LS26-1 小児期シェーグレン症候群の特徴と早期診断,フォローアップの重要性

演者:
冨板 美奈子 千葉県こども病院 アレルギー・膠原病科

LS26-2 シェーグレン症候群における新たな知見と患者のQOL向上のための早期診断・継続治療意義

演者:
佐川 昭 佐川昭リウマチクリニック
共催:
キッセイ薬品工業株式会社

ランチョンセミナー 27

第1会場 ホール棟 4階 「ホールC」 4月28日(土)12:10~13:10

座長:
松原 司 松原メイフラワー病院

LS27 自己免疫疾患に対する標的分子~最新の治療と今後の展望~

演者:
竹内 勤 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科
共催:
ヤンセンファーマ株式会社

ランチョンセミナー 28

第2会場 ホール棟 7階 「ホールB7(1)」 4月28日(土)12:10~13:10

座長:
髙崎 芳成 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院

LS28 全身性エリテマトーデスの治療とガイドライン

演者:
渥美 達也 北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室
共催:
サノフィ株式会社

ランチョンセミナー 29

第3会場 ホール棟 7階 「ホールB7(2)」 4月28日(土)12:10~13:10

座長:
杉山 英二 広島大学病院 リウマチ・膠原病科

LS29 TNF阻害薬のbest useを考える-インフリキシマブにおけるdose optimization-

演者:
藤井 隆夫 和歌山県立医科大学医学部 リウマチ・膠原病科学講座
共催:
田辺三菱製薬株式会社

ランチョンセミナー 30

第4会場 ホール棟 5階 「ホールB5(1)」 4月28日(土)12:10~13:10

座長:
右田 清志 福島県立医科大学医学部 リウマチ膠原病内科学講座

LS30 リウマチ医が知っておきたい自己炎症症候群

演者:
井田 弘明 久留米大学医学部 呼吸器・神経・膠原病内科
共催:
ノバルティス ファーマ株式会社

ランチョンセミナー 31

第5会場 ホール棟 5階 「ホールB5(2)」 4月28日(土)12:10~13:10

座長:
持田 勇一 横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ・膠原病センター

LS31 免疫研究の成果とIL-6の臨床的意義について~免疫代謝,がん免疫の話題も含めて~

演者:
熊ノ郷 淳 大阪大学医学部 呼吸器免疫内科
共催:
中外製薬株式会社

ランチョンセミナー 32

第6会場 ホール棟 7階 「ホールD7」 4月28日(土)12:10~13:10

SpAの病態を考慮した診断と治療の実際~最新UPDATE~

座長:
小林 茂人 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院 内科

LS32-2 体軸性脊椎関節炎UPDATE

演者:
谷口 義典 高知大学医学部附属病院 腎臓膠原病内科・リウマチセンター

LS32-1 乾癬性関節炎診療UPDATE

演者:
岸本 暢将 学校法人聖路加国際大学 聖路加国際病院
Immuno-Rheumatology Center
共催:
アッヴィ合同会社/エーザイ株式会社

※発表順が入れ替わりました。

ランチョンセミナー 33

第7会場 ホール棟 5階 「ホールD5」 4月28日(土)12:10~13:10

座長:
藤尾 圭志 東京大学医学部附属病院 アレルギー・リウマチ内科

LS33 関節リウマチにおける手術と薬物治療

演者:
田中 栄 東京大学医学部附属病院 整形外科
共催:
ファイザー株式会社/武田薬品工業株式会社

ランチョンセミナー 34

第8会場 ホール棟 1階 「ホールD1」 4月28日(土)12:10~13:10

リウマチ様症状に潜む希少疾病の診断と治療

座長:
鬼頭 浩史 名古屋大学大学院医学系研究科 整形外科学

LS34-1 血清反応陰性関節リウマチの鑑別診断~低ホスファターゼ症(HPP)~

演者:
ピーター シェーン 北海道大学病院 国際医療部

LS34-2 低ホスファターゼ症(Hypophosphatasia:HPP)症例と酸素補充療法

演者:
岡田 賢 広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 小児科学
共催:
アレクシオンファーマ合同会社

ランチョンセミナー 35

第9会場 ガラス棟 7階 「会議室G701」 4月28日(土)12:10~13:10

座長:
田村 直人 順天堂大学医学部附属順天堂医院 膠原病リウマチ内科

LS35 患者さんのQuality Of Life 向上のためのPsA治療

演者:
辻 成佳 大阪南医療センター リウマチ・膠原病・アレルギー科(関節外科担当)
共催:
日本イーライリリー株式会社

ランチョンセミナー 36

第10会場 ガラス棟 5階 「会議室G502」 4月28日(土)12:10~13:10

座長:
槇野 茂樹 大阪医科大学附属病院 リウマチ膠原病内科

LS36 膠原病に伴う肺高血圧症の特徴-他の肺高血圧症との違いは何か?-

演者:
加藤 将 北海道大学病院 内科Ⅱ
共催:
バイエル薬品株式会社

ランチョンセミナー 37

第11会場 ガラス棟 5階 「会議室G510」 4月28日(土)12:10~13:10

座長:
川口 鎮司 東京女子医科大学 リウマチ科

LS37 全身性強皮症(全身性硬化症)の早期診断・評価

演者:
桑名 正隆 日本医科大学 アレルギー膠原病内科
共催:
中外製薬株式会社

ランチョンセミナー 38

第12会場 ガラス棟 4階 「会議室G402」 4月28日(土)12:10~13:10

RA患者指導に活かす「動機づけ面接」

座長:
中原 英子 NTT西日本大阪病院 アレルギーリウマチ膠原病内科

LS38-1 患者の意思決定支援と治療意欲の向上に活かす患者とのコミュニケーション技法について

演者:
原井 宏明 一般社団法人 日本動機づけ面接協会

LS38-2 「動機づけ面接」の技法を活用したRA患者指導の実践

演者:
房間 美恵 NTT西日本大阪病院 看護部
共催:
中外製薬株式会社

ランチョンセミナー 39

第13会場 ガラス棟 4階 「会議室G409」 4月28日(土)12:10~13:10

膠原病合併PAHにおける薬物療法のポイント

座長:
田中 住明 北里大学医学部 膠原病感染内科学
LS39-2    膠原病合併肺動脈性肺高血圧症(CTD-PAH)のトピックス ~予後の改善のための早期診断の重要性とCTD-PAH特有の治療アプローチ
演者:
安岡 秀剛 慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科
LS39-1    高齢者における肺動脈性肺高血圧症患者の特徴~血行動態・併存疾患の評価と肺血管拡張療法の注意点を考える~
演者:
木下 秀之 京都大学大学院医学研究科 地域医療システム学講座
共催:
ファイザー株式会社

ランチョンセミナー 40

MTE会場1 ホールE B2階 「セミナー室(1)」 4月28日(土)12:10~13:10

座長:
池田 啓 千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科
LS40    医師・患者間コミュニケーションを見つめ直す~診療時間の限られたリウマチ専門医のためのコミュニケーションテクニック~
演者:
金子 祐子 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科
共催:
日本イーライリリー株式会社

イブニングセミナー

イブニングセミナー 1

第1会場 ホール棟 4階 「ホールC」 4月26日(木)17:10~18:40

IL-6阻害治療を振り返る-世界のエビデンス、日本のエビデンス-

座長:
山本 一彦 理化学研究所統合生命医科学研究センター
髙崎 芳成 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院
ES1-1    Reconsideration of IL-6 signal blocking therapy-From global and Japanese evidence-
演者:
Josef S. Smolen Division of Rheumatology, Depertment of Medicine Ⅲ, Medical University of Vienna, Austria

ES1-2 「IL-6の発見とIL-6受容体抗体の開発」-IL-6の炎症惹起作用と異常産生の分子機構

演者:
岸本 忠三 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター
共催:
中外製薬株式会社

イブニングセミナー 2

第2会場 ホール棟 7階 「ホールB7(1)」 4月26日(木)17:10~18:40

関節リウマチにおける免疫細胞と自己抗体の役割

座長:
川上 純 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻 リウマチ・膠原病内科学分野

ES2-1 ACPA陽性RAの病態的特徴とアバタセプトの作用

演者:
橋本 求 京都大学医学部附属病院 リウマチセンター

ES2-2 関節リウマチ発症におけるT細胞,B細胞の役割

演者:
熊ノ郷 淳 大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学
共催:
小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

イブニングセミナー 3

第3会場 ホール棟 7階 「ホールB7(2)」 4月26日(木)17:10~18:40

Landscape of Biosimilar in Rheumatology~The Change and Future~

座長:
田中 良哉 産業医科大学医学部 第1内科学講座

ES3-1 世界の潮流を探る~日米欧で承認されたBiosimilar~

演者:
桑名 正隆 日本医科大学 アレルギー膠原病内科

ES3-2 本邦におけるバイオ使用の現状と未来を語る

演者:
高林 克日己 医療法人社団鼎会三和病院
共催:
日本化薬株式会社

イブニングセミナー 4

第4会場 ホール棟 5階 「ホールB5(1)」 4月26日(木)17:10~18:40

関節リウマチ治療におけるWoCBAの考え方と実地医療から見る現状と課題

座長:
竹内 勤 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科
ES4-1    WoCBA(Woman of Child-Bearing Age)患者の現状と治療課題~免疫から見た妊娠維持機構とその破綻~
演者:
齋藤 滋 富山大学附属病院 産科婦人科学

ES4-2 実地医療におけるWoCBA(Woman of Child-Bearing Age)患者に対する現状と課題

演者:
吉田 智彦 世田谷リウマチ膠原病クリニック/東信よしだ内科・リウマチ科
織田 知佐登 世田谷リウマチ膠原病クリニック
共催:
ユーシービージャパン株式会社/アステラス製薬株式会社

イブニングセミナー 5

第6会場 ホール棟 7階 「ホールD7」 4月26日(木)17:10~18:40

医療経済・患者視点を考慮したこれからのRA治療=Biosimilars From Patient’s Perspectives=

座長:
松野 博明 医療法人松緑会松野リウマチ整形外科
川人 豊 京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫内科学

ES5-1 BS製剤の品質:先行バイオ医薬品とのComparability

演者:
都留 智巳 医療法人相生会ピーエスクリニック

ES5-2 BS製剤の臨床評価:RAにおけるBS製剤治験データ報告

演者:
岡田 正人 聖路加国際病院
Immuno-Rheumatology Center

ES5-3 BS製剤の経済効果:医療経済・患者視点からみたBS製剤

演者:
田中 榮一 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター

ES5-4 BS製剤の課題~BS使用促進の必要性と問題点,そして展望~

演者:
金子 敦史 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター 整形外科リウマチ科
共催:
あゆみ製薬株式会社

イブニングセミナー 6

第7会場 ホール棟 5階 「ホールD5」 4月26日(木)17:10~18:40

bDMARDs療法におけるMMP-3測定の活用

座長:
松原 司 松原メイフラワー病院 リウマチ整形外科

ES6-1 変形性関節症における滑膜病変

演者:
福井 尚志 東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻 生命環境科学系
国立病院機構相模原病院 臨床研究センター

ES6-2 関節リウマチ治療でのバイオマーカーの有用性

演者:
石黒 直樹 名古屋大学医学部 整形外科
共催:
積水メディカル株式会社/協和ファーマケミカル株式会社

イブニングセミナー 7

第10会場 ガラス棟 5階 「会議室G502」 4月26日(木)17:10~18:10

座長:
武井 修治 鹿児島大学大学院医歯学総合研究所(小児科)

ES7 RA治療と呼吸器感染症リスク-予防の重要性、ワクチン接種の意義-

演者:
舘田 一博 東邦大学医学部 微生物・感染症学講座
共催:
ファイザー株式会社

イブニングセミナー 8

第13会場 ガラス棟 4階 「会議室G409」 4月26日(木)17:10~18:40

脊椎関節炎ベーシックセミナー2018

座長:
小林 茂人 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院 内科
冨田 哲也 大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学講座

ES8-1 脊椎関節炎の病態~付着部炎を中心に~

演者:
首藤 敏秀 医療法人和泉会千代田病院 リウマチ科・整形外科

ES8-2 PsAはRAとどのように違うか?

演者:
田村 直人 順天堂大学医学部附属順天堂医院 膠原病・リウマチ内科

ES8-3 IBD治療戦略:抗TNF-α抗体時代の恩恵と問題点

演者:
猿田 雅之 東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科
共催:
日本脊椎関節炎学会

イブニングセミナー HES

ハンズオン会場 ガラス棟 4階 「会議室G409」 4月26日(木)17:10~18:40

HES 形成外科の基本手技

講師:
武藤 真由 横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
共催:
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

イブニングセミナー 9

第1会場 ホール棟 4階 「ホールC」 4月27日(金)17:40~19:10

リウマチ治療戦略の最新情報 Treatment of Rheumatoid Arthritis-Latest Update

会場:
小池 隆夫 北海道内科リウマチ科病院/北海道大学

ES9-1 What do Baricitinib and JAK inhibition offer in terms of therapeutic algorithm?

演者:
Paul Emery Arthritis Research UK Rheumatology, University of Leeds,UK / Leeds Musculoskeletal Biomedical Research Centre at Leeds Teaching Hospitals Trust, UK.

ES9-2 バリシチニブの安全性と適正使用

演者:
針谷 正祥 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター リウマチ性疾患薬剤疫学研究部門
共催:
日本イーライリリー株式会社

イブニングセミナー 10

第2会場 ホール棟 7階 「ホールB7(1)」 4月27日(金)17:40~19:10

乾癬性関節炎のあたらしい治療戦略

座長:
岡田 正人 聖路加国際病院
Immuno-Rheumatology Center

ES10-1 乾癬性関節炎-リウマチ医の視点から

演者:
金子 祐子 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科

ES10-2 多彩な臨床像を示す乾癬診療のポイントと治療戦略

演者:
山口 由衣 横浜市立大学大学院医学研究科 環境免疫病態皮膚科学
共催:
ヤンセンファーマ株式会社/大鵬薬品工業株式会社

イブニングセミナー 11

第3会場 ホール棟 7階 「ホールB7(2)」 4月27日(金)17:40~19:10

発症メカニズムから考える関節リウマチ治療

座長:
守田 吉孝 川崎医科大学 リウマチ・膠原病学

ES11-1 Precision medicineを目指した関節リウマチ治療

演者:
久保 智史 産業医科大学医学部 第1内科学講座

ES11-2 T細胞を標的とした関節リウマチ治療

演者:
押領司 健介 松山赤十字病院 リウマチ膠原病センター
共催:
小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

イブニングセミナー 12

第4会場 ホール棟 5階 「ホールB5(1)」 4月27日(金)17:40~19:10

リウマチ手の外科2018 RA手外科治療の過去現在未来

座長:
石川 肇 新潟県立リウマチセンター
池上 博泰 東邦大学医学部 整形外科学講座

【パネルディスカッション】 -寛解後の手の外科手術を考える-

パネリスト:
秋田 鐘弼 独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター 整形外科・リウマチ科
中川 夏子 兵庫県立加古川医療センター リウマチ科・整形外科
西田 圭一郎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科
正富 隆 行岡病院 整形外科 手の外科センター

【特別講演】 リウマチ外科からリウマチ手外科の歴史

座長:
小畠 康宣 南奈良総合医療センター リウマチ・運動器疾患センター
演者:
南川 義隆 南川整形外科 Namba Hand Center
共催:
中外製薬株式会社

イブニングセミナー 13

第5会場 ホール棟 5階 「ホールB5(2)」 4月27日(金)17:40~19:10

高齢者における関節リウマチの診療ストラテジー

座長:
桃原 茂樹 医療法人社団博恵会/慶應義塾大学

ES13-1 高齢発症関節リウマチに対するtreat-to-targetの実践における生物学的製剤の重要性

演者:
杉原 毅彦 東京都健康長寿医療センター 膠原病・リウマチ科

ES13-2 ゴリムマブを用いた高齢RA患者の治療戦略

演者:
橋本 求 京都大学医学部附属病院 リウマチセンター
共催:
ヤンセンファーマ株式会社/田辺三菱製薬株式会社

イブニングセミナー 14

第6会場 ホール棟 7階 「ホールD7」 4月27日(金)17:40~19:10

座長:
石井 智徳 東北大学病院 臨床研究推進センター

ES14 全身性エリテマトーデスにおける疾患活動性改善の新たな治療戦略

演者:
田中 良哉 産業医科大学 医学部 第1内科学講座
共催:
グラクソ・スミスクライン株式会社

アニュアルコースレクチャー ランチョンセミナー

アニュアルコースレクチャー ランチョンセミナー

ACL会場 ホール棟 4階 「ホールC」 4月29日(日)12:30~13:30

座長:
山本 一彦 理化学研究所統合生命医科学研究センター 自己免疫疾患研究チーム

ACL-LS 関節リウマチ(RA)治療におけるMTX療法-最近の副作用の傾向と今後の方向性-

演者:
鈴木 康夫 東海大学医学部内科学系リウマチ内科学
共催:
ファイザー株式会社

ENGLISH