シンポジウム

  • English Session English Session
  • English Speaker English Speaker
  • 英単 英語教育プログラム 単位認定講演

4月26日(木)

4月27日(金)

4月28日(土)

シンポジウム

Symposium 1

April 26 (Thu) 9:30-12:00 Room 1 (Hall C)

Treatment of rheumatoid arthritis -Update-

Chairs:
Hisashi Yamanaka Institute of Rheumatology, Tokyo Women's Medical University
Yuko Kaneko Division of Rheumatology, Department of Internal Medicine, Keio University School of Medicine

S1-1 Treatment of rheumatoid arthritis -Update

Speaker:
Josef S. Smolen Division of Rheumatology, Department of Medicine 3, Medical University of Vienna, Austria

S1-2 Current and future perspective of DMARD treatment in RA

Speaker:
Georg Schett Friedrich-Alexander-University Erlangen-Nuremberg, Germany

S1-3 Treatment of rheumatoid arthritis from Japanese perspective

Speaker:
Tsutomu Takeuchi Division of Rheumatology, Department of Internal Medicine, Keio University School of Medicine

S1-4 Perspectives of targeted synthetic DMARDs for rheumatoid arthritis

Speaker:
Yoshiya Tanaka The First Department of Internal Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan

S1-5 Management of rheumatoid arthritis in the eye of pharmacovigilance

Speaker:
Masayoshi Harigai Institute of Rheumatology, Tokyo Women's Medical University

Symposium 2

April 26 (Thu) 9:30-12:00 Room 2 (Hall B7(1))

Latest trend of Rheumatoid Surgery

Chairs:
Tomoyuki Saito Department of Orthopaedic Surgery, Yokohama City University School of Medicine
Keiichiro Nishida Department of Orthopaedic Surgery, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences

S2-1 Trends in Orthopedics : Why do my RA Patients Still Need Surgery?

Speaker:
Susan M. Goodman Hospital for Special Surgery, USA

S2-2 Rheumatoid arthritis surgery: where do we stand where do we go?

Speaker:
Daniel B. Herren Schulthess Klinik, Zürich, Switzerland
S2-3    Further "wellness" is provided by orthopedic surgical intervention in the patients with rheumatoid arthrtis
Speaker:
Hajime Ishikawa Department of Rheumatology, Niigata Rheumatic Center

S2-4 Patient satisfaction after total knee arthroplasty in rheumatoid arthritis patients

Speaker:
Yasuo Niki Dept of Orthop Surg, Keio University, School of Medicine

S2-5 What elbow surgeries can bring in for elbow impairments in RA patients?

Speaker:
Hiromu Ito Department of Orthopedic Surgery, Kyoto University Graduate School of Medicine

S2-6 Latest trend of rheumatoid surgery in foot and ankle

Speaker:
Makoto Hirao Orthopaedics, Osaka University Graduate School of Medicine

S2-7 Latest trend of forefoot surgery in rheumatoid arthritis

Speaker:
Koichiro Yano Department of Orthopedic surgery, Institute of Rheumatology, Tokyo Women's Medical University

シンポジウム 3

4月26日(木)9:30~12:00 第4会場(ホールB5(1))

遺伝学を用いたリウマチ性疾患の最適化医療の確立

座長:
桐野 洋平 横浜市立大学大学院医学研究科 幹細胞免疫制御内科学
岡田 随象 大阪大学大学院医学系研究科 遺伝統計学

S3-1 高安動脈炎の遺伝疫学的解析による病態解明

演者:
寺尾 知可史 理化学研究所 統合生命医科学研究センター 統計解析研究チーム

S3-2 ゲノム解析による自己免疫疾患の病因の理解と治療標的探索

演者:
石垣 和慶 理化学研究所 統合生命医科学研究センター 統計解析研究チーム

S3-3 横断的オミクス解析による免疫疾患病態解明とゲノム創薬

演者:
岡田 随象 大阪大学大学院医学系研究科 遺伝統計学

S3-4 小児の自己炎症性疾患の遺伝学的分類と最適化医療の確立

演者:
西小森 隆太 京都大学大学院医学研究科 発達小児科学
S3-5    成人の自己炎症性疾患の遺伝学的分類と最適化医療の確立
~家族性地中海熱に対する精密医療の実現
演者:
古賀 智裕 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 分子標的医学研究センター(第一内科)

S3-6 遺伝学を用いたベーチェット病の最適化医療の確立

演者:
桐野 洋平 横浜市立大学大学院医学研究科 幹細胞免疫制御内科学

Symposium 4

April 26 (Thu) 9:30-12:00 Room 7 (Hall D5)

Recent advances in spondyloarthritides and SAPHO syndrome

Chairs:
Naoto Tamura Department of Internal Medicine and Rheumatology, Juntendo University School of Medicine
Mitsumasa Kishimoto
  Immuno-Rheumatology Center, St. Luke's International University,
St. Luke's International Hospital

Overview

Speaker:
Naoto Tamura Department of Internal Medicine and Rheumatology, Juntendo University School of Medicine

S4-1 Recent advances in spondyloarthritides and sapho syndrome

Speaker:
Dirk Elewaut VIB Inflammation Research Center, Ghent University and Department of Rheumatology, Ghent University Hospital, Ghent, Belgium

S4-2 Pathogenesis and the development of novel targeted immune therapies in psoriasis

Speaker:
Kenji Kabashima Dermatology, Kyoto University Graduate School of Medicine

S4-3 Management of ankylosing spondylitis: up-to-date

Speaker:
James C. Wei Chung Shan Medical University, Taichung, Taiwan
S4-4    Diagnosis and Treatment of SAPHO (synovitis, acne, pustulosis, hyperostosis, and osteitis) Syndrome
Speaker:
Victoria Furer Tel Aviv Medical Center, Sackler School of Medicine, Tel Aviv University,
Tel Aviv, Israel

S4-5 Present issues in Japanese patients with SpA and SAPHO syndrome

Speaker:
Tetsuya Tomita Osaka University Graduate School of Medicine

シンポジウム 5

4月26日(木)14:40~16:40 第1会場(ホールC)

脊椎関節炎診療のoverview

座長:
門野 夕峰 埼玉医科大学病院
多田 弥生 帝京大学医学部皮膚科学講座

S5-1 脊椎関節炎(SpA)という疾患概念

演者:
門野 夕峰 埼玉医科大学病院

S5-2 SpAの末梢病変

演者:
谷口 義典 高知大学医学部附属病院 腎臓膠原病内科・リウマチセンター

S5-3 SpAでみられる体軸性病変

演者:
辻 成佳 独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター リウマチ・膠原病・アレルギー科

S5-4 小児脊椎関節炎(JSpA:Juvenile Spondyloarthritis)

演者:
山口 賢一 聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center

S5-5 乾癬性関節炎の診断と治療

演者:
多田 弥生 帝京大学医学部皮膚科学講座

S5-6 脊椎関節症における眼病変-ぶどう膜炎を中心に-

演者:
蕪城 俊克 東京大学 眼科

シンポジウム 6

4月26日(木)14:40~16:40 第2会場(ホールB7(1))

リウマチ膝関節手術のあゆみ、最近の動向と人工関節の役割

座長:
松田 秀一 京都大学大学院医学研究科 感覚運動系外科学講座整形外科
村澤 章 新潟県立リウマチセンター

S6-1 最近のリウマチ膝関節手術症例の特徴と今後の予測

演者:
持田 勇一 横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ膠原病センター

S6-2 当院の関節リウマチに対する人工膝関節置換術の歴史と最近の動向

演者:
金子 敦史 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター 整形外科 リウマチ科

S6-3 人工膝関節置換術:手術手技の最適化に向けて

演者:
松田 秀一 京都大学大学院医学研究科 整形外科

S6-4 リウマチ膝特有の高度骨脆弱性・骨破壊・変形に対するTKAの重要性

演者:
宮原 寿明 国立病院機構九州医療センター 整形外科・リウマチ科

S6-5 RA膝に対する人工膝関節置換術の役割

演者:
中村 卓司 東邦大学医療センター大森病院

S6-6 生体内動態解析から診るRA膝に対する人工膝関節置換術

演者:
冨田 哲也 大阪大学大学院医学系研究科

S6-7 リウマチ膝に対して人工膝関節が果たしてきた役割

演者:
三部 順也 東京都立大塚病院 整形外科・関節疾患治療センター

シンポジウム 7

4月27日(金)8:00~10:00 第2会場(ホールB7(1))

関節リウマチ患者のQOL向上を目指した薬物・手術のcombined therapy

座長:
石黒 直樹 名古屋大学医学部 整形外科
津村 弘 大分大学医学部附属病院 整形外科

S7-1 疾患活動性からみた整形外科手術が患者Body Imageに与える影響

演者:
西田 圭一郎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科

S7-2 関節リウマチの寛解維持期における患者の声-素心探求,PROによる疾患活動性評価-

演者:
林 太智 株式会社日立製作所ひたちなか総合病院 リウマチ膠原病センター

S7-3 関節リウマチ患者のQOL向上を目指した薬物・手術のcombined therapy~上肢手術を中心に~

演者:
中川 夏子 兵庫県立加古川医療センター リウマチ膠原病センター

S7-4 当院における関節リウマチ患者のQOL向上を目指した薬物・手術療法の取り組み

演者:
石井 克志 国家公務員共済組合連合会平塚共済病院 整形外科

S7-5 関節リウマチ患者のQOL向上を目指した当院における内科・整形外科の連携

演者:
桐野 洋平 横浜市立大学大学院医学研究科 幹細胞免疫制御内科学

S7-6 RA薬物療法の進歩の中で考える手術術式,戦略,体制の進歩

演者:
橋本 淳 独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター リウマチ・膠原病・アレルギー科

シンポジウム 8

4月27日(金)8:00~10:00 第4会場(ホールB5(1))

思春期から若年成人の若年性特発性関節炎と関節リウマチの治療と管理

座長:
伊藤 秀一 横浜市立大学大学院医学研究科 発生成育小児医療学
金子 佳代子 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター母性内科

S8-1 小児期・思春期の若年性特発性関節炎の治療・管理のエッセンス

演者:
岡本 奈美 大阪医科大学大学院医学研究科 小児科

S8-2 若年性特発性関節炎における移行医療の現状と目標

演者:
宮前 多佳子 東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター 小児リウマチ科

S8-3 妊娠を視野に入れた関節リウマチの治療戦略

演者:
井畑 淳 独立行政法人国立病院機構横浜医療センター 膠原病・リウマチ内科

S8-4 関節リウマチ/若年性特発性関節炎の治療薬と妊娠・授乳

演者:
金子 佳代子 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター母性内科

シンポジウム 9

4月27日(金)14:00~16:30 第2会場(ホールB7(1))

リウマチ性疾患の合併症・感染症とその対策

座長:
中島 亜矢子 三重大学医学部附属病院 リウマチ・膠原病センター
平田 信太郎 広島大学病院 リウマチ・膠原病科

S9-1 歯周病原菌Porphyromonas gingivalis感染と関節リウマチ

演者:
栗原 英見 広島大学 大学院医歯薬保健学研究科

S9-2 リウマチ性疾患における帯状疱疹リスクと新規ワクチンへの期待

演者:
浅田 秀夫 奈良県立医科大学 皮膚科
S9-3    リウマチ患者に発生するリンパ増殖性疾患に対する血液内科的マネジメント
~診断,経過観察,化学療法,予後などに関して
演者:
松岡 広 神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科学分野

S9-4 リウマチにおけるメトトレキサート関連リンパ増殖症の臨床病的解析:病理分類と予後

演者:
大島 孝一 久留米大学医学部 病理学教室

S9-5 リウマチ性疾患の呼吸器感染症(免疫再構築症候群も含め)とその対策

演者:
藤田 次郎 琉球大学大学院 感染症・呼吸器・消化器内科学(第一内科)

シンポジウム 10

4月27日(金)14:00~16:30 第4会場(ホールB5(1))

リウマチ上肢のリハビリと手術~真の寛解を目指して~

座長:
石川 肇 新潟県立リウマチセンター リウマチ科
中川 夏子 兵庫県立加古川医療センター リウマチ科・整形外科

S10-1 リウマチ上肢のケアとリハビリテーション

演者:
前田 眞治 国際医療福祉大学大学院 リハビリテーション学分野

S10-2 リウマチ肩障害に対する手術

演者:
神戸 克明 自治医科大学医学部 地域臨床教育センター 蔵の街地域医療講座

S10-3 リウマチ上肢のリハビリと手術-人工肘関節置換術で社会的・精神的寛解をえられるか

演者:
西田 圭一郎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科

S10-4 リウマチ手の障害に対する手術

演者:
岩本 卓士 慶應義塾大学 整形外科

S10-5 リウマチ上肢のリハビリテーション~真の寛解を目指して~

演者:
岸 秀典 兵庫県立加古川医療センターリハビリテーション科

S10-6 リウマチ手関節・手指障害に対するリハビリテーションと手術

演者:
水越 真優美 新潟県立リウマチセンター リハビリテーション科

シンポジウム 11

4月27日(金)14:50~17:20 第6会場(ホールD7)

病理学的視点から考えるリウマチ性疾患

座長:
神田 浩子 東京大学大学院医学系研究科 免疫療法管理学 アレルギー・リウマチ内科
岡 輝明 公立学校共済組合 関東中央病院 病理科

S11-1 膠原病の呼吸器病変管見-形態学の視点

演者:
岡 輝明 公立学校共済組合 関東中央病院 病理科

S11-2 皮膚から考えるリウマチ性疾患

演者:
浅野 善英 東京大学大学院医学系研究科・医学部 皮膚科学

S11-3 血管病理から考えるリウマチ性疾患

演者:
石津 明洋 北海道大学大学院保健科学研究院 病態解析学分野

S11-4 腎病理からみるリウマチ性疾患

演者:
長田 道夫 筑波大学 医学医療系

S11-5 自然炎症からみたリウマチ性疾患

演者:
河野 肇 帝京大学医学部 内科学講座

S11-6 骨,関節病理から考えるリウマチ性疾患

演者:
澤井 高志 仙台市医療センター仙台オープン病院 病理診断科

Symposium 12

April 27 (Fri) 14:50-17:20 Room 7 (Hall D5)

Perioperative management of the patients with rheumatic diseases undergoing orthopaedic surgery

Chairs:
Michiaki Takagi Department of Orthopeadic, Yamagata University Faculity of Medicine
Susan M. Goodman Hospital for Special Surgery, USA
Adviser & Commentator:
Shigeki Momohara Hakkeikai Incorporated Medical Institution / Keio University
S12-1    Perioperative management of anti-rheumatic medication in patients undergoing orthopaedic surgeries
Speaker:
Susan M. Goodman Hospital for Special Surgery, USA

S12-2 Pearls and pitfalls in rheumatoid hand surgery

Speaker:
Daniel B. Herren Schulthess Klinik, Zürich, Switzerland

S12-3 Perioperative trouble shooting in hip and knee surgeries for rheumatic diseases

Speaker:
Yasuharu Nakashima Department of Orthopaedic Surgery, Kyushu University

S12-4 Foot and ankle surgeries for the patients with rheumatoid arthritis in BIO-era

Speaker:
Yuya Takakubo Department of Orthopaedic Surgery & Rehabilitation, Yamagata University Faculty of Medicine
S12-5    Collaboration of multi-disciplinary team for the perioperative management in rheuma-orthopaedics
Speaker:
Markku J. Kauppi Faculty of Medicine, Tampere University, Tampere, Finland

シンポジウム 13/Symposium 13

4月28日(土)8:30~10:30 第1会場(ホールC)

April 28 (Sat) 8:30-10:30 Room 1 (Hall C)

関節リウマチの診断と治療に関節エコー・MRIは必要か?

座長:
峯岸 薫 横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ膠原病センター
川上 純 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻先進予防医学講座
S13-1    The value of RA Ultrasound algorithms in clinical dicision making
Speaker:
Paul Emery Arthritis Research UK Rheumatology, University of Leeds, UK
S13-2    RAの鑑別診断における関節エコーの有用性
演者:
瀬戸 洋平 東京女子医科大学八千代医療センター
S13-3    関節エコーを用いた滑膜炎定量評価の意義と課題
演者:
深江 淳 北海道内科リウマチ科病院
S13-4    The value of MRI in early detection and prognostication of rheumatoid arthritis
Speaker:
Mikkel Østergaard Copenhagen Center For Arthritis Research, Rigshospitalet, University of Copenhagen, Denmark

S13-5 MRI・関節エコーによるRAの早期診断と治療反応の評価

演者:
川尻 真也 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学専攻地域医療学分野

シンポジウム 14

4月28日(土)8:30~10:30 第4会場(ホールB5(1))

RAにおける高額医療費と保険請求の問題点

座長:
松野 博明 医療法人松緑会松野リウマチ整形外科
松原 司 松原メイフラワー病院 リウマチ整形外科

S14-1 リウマチクリニックにおける保険診療-当院における個別指導の経験と今後の対策-

演者:
織部 元廣 織部リウマチ科内科クリニック

S14-2 最近査定されることの多いRAの保険診療

演者:
三宅 信昌 三宅整形外科医院 整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科

S14-3 バイオにたよらないRA治療

演者:
岡田 正人 聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center

S14-4 bDMARD投与間隔延長に関する多施設検討

演者:
片山 耕 片山整形外科リウマチ科クリニック

S14-5 本邦の関節リウマチに対するバイオシミラーの展望

演者:
金子 敦史 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター 整形外科リウマチ科

シンポジウム 15

4月28日(土)8:30~10:30 第7会場(ホールD5)

高齢化社会におけるRA薬物、骨粗鬆症治療の問題点

座長:
髙木 理彰 山形大学医学部 整形外科学講座
村川 洋子 島根大学医学部附属病院 膠原病内科
S15-1    高齢化社会における関節リウマチと骨粗鬆症の治療:生物学的製剤やMTXで解決できない
問題点について
演者:
熊谷 研 横浜市立大学 整形外科
S15-2    高齢関節リウマチに対するtreat-to-targetと骨粗鬆症が治療成績に及ぼす影響
-CRANEコホートにおける検討
演者:
杉原 毅彦 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター

S15-3 高齢RA患者に対するRA薬物療法の問題点

演者:
松下 功 富山大学医学部 整形外科

S15-4 関節リウマチ患者における骨のケアの重要性

演者:
門野 夕峰 埼玉医科大学病院

S15-5 高齢関節リウマチ患者における骨粗鬆症;IORRAコホートにおける検討

演者:
古谷 武文 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター

S15-6 リウマチ性疾患における骨粗鬆症治療

演者:
田中 郁子 医療法人IRO名古屋膠原病リウマチ痛風クリニック 画像センター

シンポジウム 16

4月28日(土)15:20~17:50 第1会場(ホールC)

イメージング技術が切り拓くリウマチ学の新展開

座長:
池田 啓 千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科
石井 優 大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科 免疫細胞生物学教室

S16-1 骨・関節の蛍光生体イメージングによる骨破壊の病態解明

演者:
菊田 順一 大阪大学 大学院医学系研究科 免疫細胞生物学

S16-2 PETを用いた早期関節リウマチ診断・評価法

演者:
野崎 聡 国立研究開発法人理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター
健康・病態科学研究チーム

S16-3 関節リウマチのイメージングと,血液・滑液サイトカインを中心とした関節炎病態との関連

演者:
近藤 泰 東海大学医学部付属病院

S16-4 高解像度CT(HR-pQCT)による関節リウマチの画像解析

演者:
千葉 恒 長崎大学病院 整形外科

S16-5 画像診断による生物学的製剤減量・休薬戦略

演者:
池田 啓 千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科

シンポジウム 17

4月28日(土)14:40~16:40 第4会場(ホールB5(1))

RA治療における多職種連携 -いかに患者の満足度を上げるか?-

座長:
小嶋 俊久 名古屋大学医学部 整形外科
持田 勇一 横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ・膠原病センター

S17-1 関節リウマチ患者に対する生活支援~作業療法士の視点での多職種連携~

演者:
松尾 絹絵 甲南加古川病院 リハビリテーション部

S17-2 リウマチチーム治療における看護師の役割-患者満足度の向上をめざして-

演者:
林 綾野 済生会横浜市東部病院 看護部

S17-3 総合病院における薬剤師のリウマチ患者への関わり

演者:
平田 絢子 横浜市立大学附属市民総合医療センター 薬剤部

S17-4 リウマチ患者の満足度向上に繋がる多職種連携-リハビリテーションの視点から-

演者:
三浦 靖史 神戸大学大学院保健学研究科 リハビリテーション科学領域

S17-5 関節リウマチにおけるPatient Reported Outcomeの重要性

演者:
峯岸 薫 横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ膠原病センター

S17-6 RA治療における多職種連携-地域医療の立場から-

演者:
林 真利 長野赤十字病院 リウマチ科

S17-7 RA治療における多職種連携-いかに患者の利益を最大化するか?-

演者:
橋本 淳 独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター リウマチ・膠原病・アレルギー科

Symposium 18

April 28 (Sat) 14:40-17:10 Room 7 (Hall D5)

Advance in Research on Systemic Lupus Erythematosus

Chairs:
Tatsuya Atsumi Department of Rheumatology, Endocrinology and Nephrology, Faculty of Medicine, Hokkaido University
Joan T. Merrill Arthritis and Clinical Immunology Program Oklahoma Medical Research Foundation, USA

S18-1 Advanced Genetics on Systemic Lupus Erythematosus

Speaker:
Sang-Cheol Bae Hanyang University Hospital for Rheumatic Diseases, Seoul, Korea

S18-2 Immunophenotyping in systemic lupus erythematosus

Speaker:
Shingo Nakayamada First Department of Internal Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan

S18-3 Remission Induction by Biologics in Lupus: What Will it Take?

Speaker:
Joan T. Merrill Arthritis and Clinical Immunology Program Oklahoma Medical Research Foundation, USA
S18-4    Long-term outcome of biopsy-proven lupus nephritis and novel insight of autoantibodies to erythropoietin receptor for prognosis
Speaker:
Takashi Wada Department of Nephrology and Laboratory Medicine, Kanazawa University

S18-5 Long Term Organ Damage in Lupus Patients

Speaker:
Ian N. Bruce The University of Manchester, UK

ENGLISH